« 今日のきゃぷ 070131 | トップページ | 「ダレル・ロイヤルの手紙」という名文が存在する。 »

2007年1月31日 (水)

牛乳発泡酒 「ビルク」開発、発売へ 北海道・中標津

牛乳発泡酒 「ビルク」開発、発売へ 北海道・中標津

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070131-00000022-maip-soci

牛乳発泡酒 「ビルク」開発、発売へ 北海道・中標津

拡大写真

牛乳を原料にした発泡酒「ビルク」を掲げる中原一治さん=根室管内中標津町で、本間浩昭写す

 「牛乳からお酒だって?」。北海道根室管内中標津町の酒屋「なかはら」=中原千歳社長(62)、0153・72・3116=が地元産牛乳を使った発泡酒を発案、網走市の地ビール会社「網走ビール」が開発に成功し、2月1日から発売する。見た目は透明度が高く、味は発泡酒そのもので後味に風味がある。商品名は「ビルク」。フルーティーで女性好みの新感覚発泡酒として期待されている。
 誕生のきっかけは、生産過剰で生乳を大量に破棄した昨年3月の悪夢。基幹産業が酪農の同町としては、消費拡大を図る必要に迫られていた。「牛乳でビールが造れないか」。店長の長男一治さん(33)が、以前から懇意にしていた網走ビールに相談した。
 網走ビールの條将之工場長(31)は「牛乳はでんぷん質が少ないので発酵は難しい」と否定的だったが、一治さんの熱意にほだされ、試行錯誤が始まった。
 牛乳の場合、沸点が低いのが仕込みの難点。「煮沸のときに噴かないように」と温度調整には気を遣った。ビール酵母とホップを入れ、発酵を開始した段階では、色もにおいもミルクティーのようだったという。ところが発酵を終えて温度を下げていくと、まるでろ過したようなビール色に変身。條さんは「いけそうだ」と確信した。
 原料に占める牛乳の割合は3分の1を占め、牛乳の消費拡大に大きく役立つ。試飲会で初めて飲んだ主婦の高橋香織さん(30)は「フルーティーだから、お菓子にも合いそう」とエールを送る。
 330ミリリットル入り380円。当面は中標津限定の「地産地消発泡酒」として、町内6店の酒屋で販売する。

どんな味がするんだろ~

一度飲んで見たい!

|

« 今日のきゃぷ 070131 | トップページ | 「ダレル・ロイヤルの手紙」という名文が存在する。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/134556/5157216

この記事へのトラックバック一覧です: 牛乳発泡酒 「ビルク」開発、発売へ 北海道・中標津:

« 今日のきゃぷ 070131 | トップページ | 「ダレル・ロイヤルの手紙」という名文が存在する。 »